子供におすすめの手作りプレゼントはこれで決まり!

子育て
スポンサーリンク

こどもの誕生日に「世界でたった1つのオリジナルプレゼント」してみませんか?

  • 思い出に残る
  • 形に残る
  • 成長過程が残る

そんなオリジナルの誰とも被らない世界で1つのモノをわが子に贈りませんか?

 

おすすめは手作り絵本!

うちでは、3歳の誕生日にこどもに「手作り絵本」を贈っています。

絵本なら作りやすいかな?と思ったのがきっかけです。

実際に絵本って「布絵本」「紙絵本」など、素材も選ぶことができて自由度が高いんですよね。

オリジナル感を出しやすいし、内容さえ変えればいくらでも作れます。

 

どうして3歳なの?

3歳っていうと、ちょっとした節目かなと思っているからです。

  • 言葉がちゃんとわかるようになってくる
  • 話す言葉も増えている
  • 3年保育なら幼稚園に入園する
  • 集団生活を覚えるようになる
  • 七五三もある

特に入園したりが大きな理由で、3歳って年齢は成長過程においても重要だと思うんです。

なのでうちでは3歳の誕生日に「手作り絵本」を贈ることにしています。

 

内容を考えられない

絵本を作るって言っても、肝心なのは内容ですよね。

内容を考えるのが難しい・大変だと思う方が大半だとは思いますが、内容は難しく考えなくていいんです!

と、いうより何でもいいんです。笑

 

私の場合ですが、長男の時は「どう成長してきたか」と「できるようになってほしいこと」をイラストで描きました。

主人公はもちろん長男、トイレトレーニングの最中だったので「パンツはかっこいいよ」とか「弟や小さい子には優しくするんだよ」とか、どうなってほしいかを絵本にしました。

逆に、次男の絵本は「次男の好きなもの」を折り紙を切って貼ってとにかく詰め込みました。笑

※へたくそですみませんm(__)m 大事なのは気持ちだと思ってます。笑

 

絵本を作るなら無印良品の「絵本ノート」

紙絵本を作るなら、台紙としておすすめなのが無印良品の「絵本ノート」です。

 

うちでもプレゼントを贈るときはこの「絵本ノート」を使っています。

丁度いい大きさ・ページ数で、表紙も真っ白だから好きなように装飾できます。

一番の決め手はやっぱりサイズですね、こどもが読むのに本当にちょうどいい大きさなんです!

 

とにかくこの「絵本ノート」をうちでは愛用していて、絵本作り以外にもアルバムとして活躍してくれています。

 

成長記録も残せる

うちでは絵本の終わりの締めくくりに「3歳の手形」をとっています。

終わりは親子で一緒に「共同作業」ができます。

また、3歳の時の手形をずっと残せるので大きくなって見返しても「こんなに小さな手だったんだ」と、こども自身も自分の成長を実感できます。

 

メッセージを添える

うちでは毎年、こどもの誕生日それぞれに誕生日会を開くので、親戚が集まります。

その際に最後の数ページを「メッセージ欄」として残しておいて、みんなにメッセージを書いてもらいます。

パパやママ、おじいちゃん・おばあちゃん、おじさんにおばさんにと、たくさんの人からのメッセージにこどもはとても喜んでいます。

「ママ、これなんて書いてるの?誰から?」と嬉しそうに絵本を広げて持ってくるので、これは本当におすすめですよ!

もちろん、パパとママからのメッセージだけでもいいです。

 

世界でたった1つの贈り物は無限大

「世界でたった1つの贈り物」っていうのは本当に無限大です。

作れば作っただけ、それらはすべて「オンリーワン」だからです。

長女が1歳の誕生日には、ぬいぐるみを作ってみようかなと思っています。

絵本に限らず、むいぐるみやマスコット、ミニバッグやヘアゴム、男の子なら変身ベルトなど、本当になんでも作ろうと思えば作れます。

 

 

こどもと共に過ごす今のこの時間は一度きりです。

ぜひ素敵なプレゼントを贈ってあげて下さい♬

ではまた。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント