ママのあなたへ。心に留めておいてほしい2つの事。

子育て
スポンサーリンク

これからママになるあなた・育児中のママへ。

わが子はとても愛おしく、毎日たくさんの笑顔と幸せを与えてくれる存在です。

それと同時に、大切に思い心配するからこその、親としての苦悩もたくさんあります。

赤ちゃんが誕生した時から、ママも誕生し、共に成長していきます。

はじめての育児は、分からないことだらけで、時には疲れてしまったり、孤独を感じることもあるでしょう。

そんな時は、これから紹介する2つの事を思い出してみてください。

きっと、あなたの辛さが軽減されると思います。

 

子育てとは

一般的な「子育て」というものは「こどもを養い育てること」だと思います。

実際のママの子育ては「こどもの成長を見守り、助けること」です。

  • 人とやりとりする力
  • やりとりの中で瞬時に学ぶ力

こどもは初めから、これらの能力を持って生まれてきます。

親や周りの人との触れ合いを通じて、こどもは自らの力を発揮し、成長していきます。

この力を発揮させてあげることこそ、親の役目なのです。

こどもは生まれた時から「育つ力」があるのです。

子育ては文字通り「子」を「育てる」ですが、「育てよう」「育てなくちゃ」と肩ひじ張らずにに、こどもの「育つ力」を信じましょう。

 

成長とは

こどもは、もともと持っている「育つ力」を発揮して成長していきます。

乳児期(0~2歳)にママとのやり取りや手助けの中で、この力を発揮し、どんどん磨いていきます。

それと同時に、ママとの信頼関係も育んでいくのです。

こどもにとってはママは特別な存在で、ママとの関係はとても大事なポイントとなります。

「ママはいつも味方」「ママが見守り、助けてくれるからいろんなことにチャレンジしてみる」と、ママとのやり取りの積み重ねや信頼関係を元に、やりとりを周りの人に広げてさらに成長していくのです。

いつもそばにいる、愛されている、その安心感からこどもは自ら育とうと、たくさんの事に挑み、更なる成長を遂げていくんですね。

 

さいごに

今回は私が感銘を受けた育児本の内容から紹介させていただきました。

本編も役立つ情報ばかりで、イラストも多いのでわかりやすく読みやすい本となっています。

 

私自身3児の母ですが、育児で疲れたり、参ってしまうことも多々あります。

今、育てているわが子は奇跡なんですよね。

「こどもは神様の贈り物」って言うくらいですし、ママがこれまでしてきた数多くの経験や体験が1つでも違えば、今その子はここにいないかもしれない。

今育てているこどもが生まれてきてくれたことを奇跡だと思うと、子育ての期間がとても大切なものに感じます。

これからママになる方、そして現在育児中のママ、育児に疲れたり参ってしまったりしたときは、ぜひこの2つの内容を思い出してみてください。

きっと、楽になるはずです。

ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント