子育ての悩み断トツ1位?!夜泣きに役立つ便利グッズ4つを紹介!

子育て
スポンサーリンク

子育てをしていると、悩みや大変なことはたくさんあると思います。

そんな中でも「これが大変だった!」という先輩ママたちの声で断トツ1位なのが、赤ちゃんの「夜泣き」でした。

育児のお悩みランキングでも、約50%ものママが「夜泣き」が辛いと言っているそうです。

【育児で大変だったことランキング】

  1. 夜泣き(56.3%)
  2. 睡眠不足(27.8%)
  3. 自分の時間がない(24.4%)
  4. 泣く(21.6%)
  5. 授乳(14.2%)
  6. お風呂(10.8%)
  7. 仕事の両立(9.1%)
  8. 散歩(6.0%)

参照先:ママテナさん

2位以下を大きく上回る結果に、私自身もちょっと驚きました。

2位の「睡眠不足」も夜泣きが原因なのがほとんどでしょうから、当然といえば当然なのでしょうか。

特に夜泣きは対策や解決策を見出しにくく、原因も分からないことが多いので困ってしまうママがたくさんいるようです。

 

夜泣きの原因は?

夜泣きの原因はその時々によって変わり、その子によって理由も様々でなかなか対処法が見つからないのが事実です。

夜泣きの程度には個人差がありますが、いつかは必ずなくなります。

 

生後0~5ヶ月頃までの夜泣きは生理現象!

産まれてしばらくは、3時間おきの授乳などで起きてしまうのは仕方のないことですが、1時間毎に起きる赤ちゃんもたくさんいます。

生後5ヶ月以下の赤ちゃんは、大人と比べると睡眠サイクルがかなり短く眠りが浅いです。

40~50分間隔(大人は約90分間隔)で浅い眠りが来て「眠たいのに目が覚めてしまう」ことでグズッて泣き出してしまうのです。

さらに、この頃の赤ちゃんは体内時計もまだ未熟なので、「昼は起きて夜は寝る」というリズムもありません。

この頃の夜泣きは「生理現象」なので、しっかりとお世話をしていても、ほとんど全ての赤ちゃんに起こります。

夜泣きの酷さの程度は個人差があるので何とも言えませんが、「夜泣き」が原因で成長に影響することはありません。

 

1歳からの夜泣きは?

1歳を過ぎると、体内時計も機能して睡眠リズムもできているのですが、1歳を過ぎても「夜泣き」をする場合があります。

原因ははっきりとは分かりませんが、不安や興奮などで眠れない、眠たいのに寝付けないなどの不快症状が原因の場合もあるし、睡眠サイクルが乱れている刺激やストレス、また夢を見ることによって夜泣きする場合もあるなど、いろいろなことが考えられるそうです。

2~3歳をすぎても「弟や妹」ができることで突然「夜泣き」が復活することも。

うちの次男も3歳ですが、寝言で「泣く」のが多いので、一応まだ「夜泣き」していることになるのかな?って感じです。

 

夜泣きの対処法は?

夜泣きの対処法は、時と場合によって変わってくるので、とりあえず一通り試すことをお勧めします!

とりあえず見守る

赤ちゃんの夜泣きは寝言の場合もあるので、とりあえず数分見守ってみましょう。

しばらくすると、何事もなかったかのように寝ることもあります。

うちの次男も長くても5分以内には泣き止んで何もなかったかのように寝ています。笑

 

抱っこしてあやす

数分経っても泣き続けるようなら抱っこしてあやしてあげましょう。

一定リズムで背中をトントンしてあげると赤ちゃんの心は落ち着きます。

また、背中をトントンしながら子守唄を歌ってあげるのもいいでしょう。

ママの声は赤ちゃんにとって、とても落ち着き安心するものなので、鎮静効果があります。

 

授乳する・ミルクをあげる

抱っこしてもあやしても泣き止まないときはミルクをあげる・授乳するなどをしてみましょう。

案外、ミルクや授乳はある意味最強で、哺乳瓶や乳首を吸うことで落ち着く子も多く、お腹がいっぱいになって寝てくれる赤ちゃんもたくさんいます。

 

夜泣きに役立つ?!便利グッズ4つ!

夜泣きの対応時にあると便利なグッズを紹介します。

 
そこで便利なのがこの、授乳ベッドの「おやすみたまご」です。
 
Cカーブの形が赤ちゃんの寝やすい姿勢にフィットして包み込んでくれるので、お腹の中にいた時のような、ママに抱っこされているような感覚になり、起きる可能性が低くなります
 
 
こちらは夜泣き対策のアロマオイル。
 
ラベンダー・ベルガモット・クラリセージが配合されたオイルです。
 
 枕やベッドに垂らしておくと、赤ちゃんを睡眠へと誘ってくれます。
 
また、寝不足のママにもいいですよ。
 
母子ともに使えるのは魅力的ですね!
 
 
 
 
 
 
 
最後は王道のメリーです。
 
寝かしつけと言えば、やっぱりこれですよね。
 
こちらは、多機能で4種類のモードで全34曲が入っています。
 
また、カミカミ・シャカシャカなど、メリーのおもちゃは音が鳴るので赤ちゃんが大きくなっても遊べる、長く使えるのが嬉しいメリーです。
 
 
 
 

赤ちゃんの夜泣きは、授乳の度に起きなければならないママにとっても、睡眠不足をさらに悪化させるものなので辛いとは思いますが、少しでも楽になるようにいろいろな対策をしてみてください。

本当にしんどくなってしまう前に、パパなどにも協力を頼みましょう。

ママが体調を崩してしまっては元も子もないですからね。

ちなみに我が家は次男以外、夜泣きがなかった(長女なんか生後1ヶ月くらいから朝まで寝てくれた)のでまだ楽な方だと思います。

赤ちゃんも十人十色ですが、可愛い我が子。

夜泣きの時期もそう長くはありません。

今は辛いでしょうが、家族にも協力してもらいつつ、乗り越えていってくださいね。

ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント