はじめてのお絵かきに求める条件とは?おすすめグッズも紹介!

子育て
スポンサーリンク

1~2歳頃になってくると、おえかきをスタートする子が多いですよね。

「えんぴつ?クレヨン?危なくないかなぁ」と不安なママも多いと思います。

壁や家具に落書きされて困ったり、こどもがクレヨンを食べてしまったり、おえかきも初めは意外と大変なもの。

そこで、はじめてのお絵かきに求める条件と、おすすめのグッズを紹介したいと思います!

 

はじめてのお絵かきに求める条件は?

安全が第一!

はじめてお絵かきをさせる年齢の多くは1歳頃だと思います。

この頃のこどもは何でも口に入れてしまうので、かじっちゃったりして少量でも誤飲してしまうことがあります。

なので「なめても口に入れても大丈夫」な素材でできている商品や、「誤飲しにくい形」であるかどうかなど、安全面はかなり重視しないといけません。

特にはじめてのお絵かきは、赤ちゃんが使うものなので何よりも安全をなものを選びましょう。

 

壊れにくいものを選ぶ!

小さいこどもは力の加減ができません。

クレヨンでも色鉛筆でもなんでもすぐにポキッて折っちゃいます。

「お絵かき」の概念も初めはないので、投げたり叩きつけてみたり、とにかくいろんなことをしてくれます。

なので壊れにくい素材でできていることも、条件に入れたいものです。

 

汚れても落としやすい素材がいい!

こどもにお絵かきをさせると半端じゃなく汚してくれます。

うちの次男はもう3歳ですが、お絵かきをさせると服も机も手も足も何から何まで「どうやったらそこまで汚せるん?!」ってくらいに汚してくれます。

クレヨンを隠し持っていることもあるので、あちこちクレヨンだらけになって落とすのにもかなりの時間と労力を使います。笑

今はこども用のクレヨンなどは「水で落とせる」や「洗って落とせる」など「汚れても落としやすい素材」でできているものが、かなりあります。

そういったものを使うだけで、後処理はかな~り楽になりました。

汚れても落としやすい素材は絶対条件と言ってもいいと思います!

 

 

汚れ・安全を考えるならコレ!

 

汚れを気にせず、のびのびとお絵かきさせたいなら、スイスイお絵かきがおすすめです!

スイスイお絵かきは水なので、壁や家具に落書きされる心配もないですし、こどもがペンを口に入れちゃっても中身は水なので大丈夫。

画用紙などとは違い、キャンバスも大きいので伸び伸びと楽しくお絵かきができます。

乾いたら消えるので、繰り返し使えるところも◎。

うちは賃貸なので、スイスイお絵かきはかなり重宝しています。

 

いちばんのお勧めはコレだ!!

スイスイお絵かきは水でのお絵かきなので、色を楽しむことはできません。

やっぱりクレヨンとかで、たくさんの色に興味を持ってほしい!

そんなときにおすすめなのがコレ▽

 
 
 

ベビーコロールのはじめてのお絵かきセットです。

はじめてのお絵かきに最適なクレヨン(安心安全なめても大丈夫持ちやすい形割れにくい素材重ねて収納できる)のベビーコロールと、絵を描きながら脳育にも取り組めるお絵かき帳がセットになったものです。

これはちょっと値が張るので(親としては高額なのは痛い)最初はクレヨン単品がおすすめ。

 

 

 
 

はじめてのお絵かきに求める条件を全て満たしているので、お絵かきさせるなら絶対これ!といっても過言ではないです。

ちなみに6色セットなら1,000円しないので、12色セットでなくても経済的にもよくていいと思います。

 

大きくなっても「汚れを落としやすい」という条件は譲れない!

大きくなってもクレヨンを使うなら、小学校入学前くらいまでは「汚れても落としやすい」という条件は譲れません。

口にいれなくなっても、汚すことはしょっちゅうです。

普通のクレヨンでも、落としやすい素材でできているものを選んだ方がいいでしょう。

条件を「落としやすい」だけに絞れば、12色セットとかでも500円程度で購入することができます。

 

さいごに

はじめてのお絵かきグッズは、親・こども、ともに安心して楽しく使えるものを選びたいですよね。

今回紹介したベビーコロールは本当にいいですよ。

他の人が使用した感想もレビューでチェックしてみてくださいね。

ではまた。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント