母乳育児にとらわれすぎないで!ミルク育児でも赤ちゃんは育つ!

子育て
スポンサーリンク

WHOが推奨していることもあって、最近は母乳育児推奨の病院もかなり多く、現在の日本では母乳育児が主流となっています。

混合育児と合わせると、約9割のママが母乳育児なんだそうです。

母乳育児のメリットを説明したうえで、ミルク育児についてお話ししたいと思います。

私は3人のこどもがいますが、全員ミルク育児です。

 

母乳育児のメリット

  • 肌と肌が密着しているので赤ちゃんが安心する
  • 赤ちゃんにとって最高の栄養
  • 生きた細胞から免疫がもらえる
  • 産後回復とダイエットに効果的
  • 赤ちゃんの味覚発達が促され離乳食への移行がラク
  • ミルク代の節約になる
  • あごの発達、歯並びが良くなる

母乳は赤ちゃんにとって最適で最高の栄養と言われていることが、母乳育児推奨が根強い理由です。

 

母乳育児にとらわれすぎていませんか?

日本ではあまりにも母乳育児主義の人が多いので、妊娠してすぐから「母乳で育てなくちゃダメよ」と周りの人たちや、親から言われる場合がほとんどです。

母乳育児を強く推奨している病院なんかだと、医師や助産師からも言われると思います。

 

確かに母乳育児は素晴らしいとは思います。

ですが、周りからの圧力が「完全母乳じゃないといけない」「もっとわたしが頑張らなくちゃ」と、ママを追い詰めている場合もあります。

その他にも、母乳育児にこだわりすぎることで、赤ちゃんに危険が及んでいたなんてこともあるんです。

 

母乳育児へのこだわりが呼ぶ危険

母乳育児にこだわりすぎたからこそ、赤ちゃんを危険にさらしてしまったというケースもよく耳にします。

母乳が赤ちゃんにとって一番いいんだから、完全母乳で育てる!

そのことによって、ミルクを足さずに母乳一本でやってきたところ、1ヶ月健診で赤ちゃんの体重がかなり減少していたんです。

母乳は足りているのかどうかの判断が難しいところもあるので、どれだけおっぱいを吸わせていても、充分な量が出ているとは限らないんですね。

 

母乳育児が辛くなることも

母乳育児推奨の病院などでは、産後すぐから母乳の出をよくするためのマッサージや指導をかなりスパルタでやるところもあります。

そのことによって心身ともに疲労がたまり、母乳をあげることが辛くなる場合もあります。

それでなくても、母乳育児は乳首が切れたりして慣れるまでは結構辛いものですからね。

そうすると、ストレスが原因で母乳が出なくなってしまうこともあるんです。

 

みんながみんな、母乳育児ができるわけじゃない!

出産したら全員が母乳育児をできるか?

答えはNOです。

母乳が出にくい・出ない体質の人だっています。

持病の関係で母乳をあげたくてもあげられない人もいます。

赤ちゃん自身が母乳を受け付けない場合もあります。

様々な理由から全員が母乳育児をできるわけじゃないんです。

 

完全ミルクでも赤ちゃんはちゃんと育ちます!

完全ミルクでも赤ちゃんはちゃんと育ちます。

私自身、ミルク育児で育ちました。

アレルギーが酷く、母乳が飲めなかったからです。(普通のミルクもダメで、大豆ミルクで育ちました。)

そして、私のこどもたちもミルク育児で育ちました。

長男は生後1~3ヶ月程は母乳との混合でしたが、母乳が出なくなり完全ミルクに変更。

次男と長女は最初から完全ミルクで母乳は1滴もあげていません

初乳をあげるだけでも免疫はもらえるので充分だそうですが、完全ミルクの2人の方がアレルギーなどもなく健康です。(唯一母乳をあげた長男はアレルギーもあるし、アトピー体質)

特に大きな病気もなく、全員元気にすくすくと育ってくれています。

最近の粉ミルクは母乳に近づいていることもあり、発育に関しては母乳も育児も差ほど変わりはないと思います。

周りもミルク育児が多いですが、みんな元気に育っています。

 

自分の家庭の状況に合わせて決める!

母乳育児にするか、ミルク育児にするかは、自分の家庭の状況に応じて決めるといいと思います。

母乳がたっぷり出て、母乳育児で育てたい!っていう人は母乳育児を。

母乳がでない、仕事に復帰するから母乳育児はできそうにないなどの場合はミルク育児を。

周りに言われて渋々やるのではなく、ママ自身がどうしたいかで決めればいいと思います。

ママがストレスに感じている授乳は赤ちゃんにとってもストレスになり得ます。

 

子育てをするのは誰?

子育てをするのは赤ちゃんの親です。

周りにどれだけ「母乳育児じゃないの?」「母乳育児にしなさい」と言われても、その方たちが育てるわけではありません。

 

ミルク育児だから愛情が足りない、丈夫に育たない、などもありません。

 

周りに言われるからと、自分が劣っていると感じたり、母乳育児ができないから母親失格だ、などと自分を追い詰めすぎないで下さい。

母子ともに母乳育児にストレスを感じるくらいなら、思い切ってミルクに切り替えてください。

 

母乳神話もいいですが、辛いと思いながら授乳をするより、母子ともに笑顔でスキンシップを取れる方が、赤ちゃんの為にもずっといいと思います。

 

子育てをするのは、親であるあなたですから、自分と赤ちゃんに合った方法でやっていきましょう。

 

さいごに

私は、母乳育児でもミルク育児でも、どちらでもいいと思います。

母乳のメリットも素晴らしさも理解しているつもりです。

だからってミルク育児がダメだってことはないと思うんです。

ミルクだと、必要量をきちんとあげられるので栄養不足にならないし、パパも授乳できるし、用事の時に預けることもできます。

 

ですが、母乳育児の風潮が強すぎるがゆえに、辛い思いをするママも多いのが現実です。

母乳育児にこだわりすぎて悩んでいるママさん、赤ちゃんと楽しい授乳時間を過ごせるようにもっと気楽に考えてくださいね。

ではまた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント