暑い夏を乗り切ろう!こどもたちが元気に過ごすには?!

こどもの病気
スポンサーリンク

 

今年も暑い夏がやってきました。

早い時期から暑い日が続き、熱中症になっている方もいるほど。

長男の通う園では、毎月「ほけんだより」といって、こどもの体調管理で時期に合わせた気をつけたいことなどをお手紙でもらってきます。

今回は「夏」ということで、こどもたちが夏を元気に過ごすためにはどうすればいいか?という内容だったので紹介させていただきたいと思います。

夏に多い感染症についても記載してあったので、そちらも合わせて紹介していきますね。

 

とにかく水分補給!!

暑い夏で一番心配なことといえば、熱中症ですよね。

こどもは外で遊ぶのが大好きだし、飲み物を飲むことも忘れて炎天下の中、汗だくになって…。

熱中症予防で一番効果的なのは、やっぱり水分補給です。

こまめに水分補給をして、熱中症に負けないようにしましょう。

 

人間の体の約70%は水分

人間の体は約70%が水分でできています。

乳幼児の場合はさらにその割合が大きく、生まれたばかりの乳児だと約80%近くが水分なんだそう。

体内の水分が多い分、乳幼児の方が失われる水分量も多く、こまめな水分補給が必要になってきます。

 

水分補給のタイミングはいつ?

水分補給にも、効果的なタイミングがあります。

  • 朝起きたら
  • 外遊びや外出の前後
  • お風呂の前後
  • トイレに行ったとき
  • 寝る前

 

朝起きたら、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。

水分補給以外にも、朝一のコップ1杯の水は体を目覚めさせて、腸内環境を整えてくれるので、お通じもよくなります。

 

外遊びや外出時は、家を出る前に水分補給をしておくことで、汗をかいても水分不足になることを防いでくれます。

もちろん、合間の水分補給や、帰ってきてからの水分補給を忘れずに。

 

お風呂にはいることでも水分は失われます。

お風呂の前後は、特に小さいこどもほど水分補給が大切になってきます。

 

トイレのおしっこでも水分は失われます。

「トイレが近くなるんじゃないの?」と思いますが、夏場は失われる水分量の方が多いので飲ませてあげるほうが◎。

 

寝ている間にも汗をかくので、寝る前の水分補給も忘れずに。

なるほど!おねしょしちゃうのはこんな理由があるからだった!
苦労したトイレトレーニングが終わったら、今度はおねしょ。 寝るときだけおむつをはいて寝かせているママも多いと思います。 じゃあなぜおねしょをしちゃうの? 小さい子のおねしょにはちゃんとした理由があったんです! 対処法なども合わせ...More

おねしょ対策では、寝る前の水分補給は控えたほうがいいのですが、連日の猛暑日などが予想される夏場は、おむつなどにして熱中症対策に専念した方がいいですね。

 

量は?何を飲ませればいいの?

1度に大量に飲み物を与えるのは、その分トイレが近くなり、せっかく補給した水分が出ていってしまいます。

なので、コップ1杯程度の量をこまめに与えるのが正解◎

 

水分補給に一番適しているのは、失われた電解質を補充する経口補水液です。

糖分の多いジュースや、消化に時間のかかる牛乳、硬度の高いミネラルウォーターなどは、水分補給と言う点ではあまり適していないそうです。

お茶などで水分補給をこまめにしつつ、汗をたくさんかいたりしたときは、経口補水液で水分補給うのがいいかもしれませんね。

 

夏に多い感染症に気をつけよう!

ウイルス感染によって起こる病気たちです。

今回は幼稚園や保育園などで集団感染を起こしやすい強力な感染力のあるものを紹介します。

出席停止になるので、必ず医師の診断を受けてくださいね。

 

ヘルパンギーナ

急に高熱が出て、口の中に小さな水疱ができ、のどの痛みを伴います

水疱がつぶれると潰瘍をつくってしまうことも。

2~3日で熱は下がり、潰瘍ができても1週間程度で治ります。

 

手足口病

手のひら・足の甲や裏・口の中に水疱ができる病気です。

手足口病とはいいますが、必ずしも手・足・口にそろって水疱がでるわけではありません。

まれに髄膜炎などの合併症を起こすことがあるので注意しましょう。

 

咽頭結膜熱(プール熱)

高熱が続き、のどが赤く腫れて目も充血します

潜伏期間は5~6日あります。

プール熱と言われてが、プールに入らなくてもかかるそうです。

 

流行性角膜結膜炎

白目が充血して、目やにが出ます。(発熱を伴うことも)

潜伏期間が1週間程度あり、感染力が非常に強いので、家庭内での感染にも注意が必要です。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)

虫刺されや、あせもなどをかいたりしてできた傷から細菌が入り、水ぶくれができる病気です。

感染力が強いので傷に触らないようにガーゼなどを当てておく必要があります。

 

どれも感染力が強く、園内での集団感染などを引き起こす可能性のある病気です。

大まかに説明しましたが、少しでも当てはまるようなら、医師の診断を受けてください。

登園の判断も自分ではせずに、必ず医師の許可をもらってからにしましょう。

 

さいごに

夏を元気に過ごすには、とにかく水分補給をして熱中症対策に手を抜かないことです。

夏に多い感染症は、感染力が高いので、気をつけても感染してしまう場合がありますが、普段から手洗い・うがいなどの予防を怠らずに、できるだけ感染しないよう徹底しましょう。

 

幼稚園で毎月もらってくる「ほけんだより」は、知っておきたいことや役に立つ情報が多く記載されているので、いつも本当に助かっています。

同年代のお子さまを持つママさんにも、この情報を共有出来たらと思います。

ではまた。

子育て
【子育て】に関する記事をまとめています。 ※2018年10月~育児ブログ開設に伴い当サイトでは今後育児記事は更新しません。当サイト→新サイトへの記事移行が完了次第サイトを育児ブログを公開します。今しばらくお待ちください。 ▽...More
りょんりょん/ཛຣ(@ryonryon_ch)さん | Twitter
りょんりょん/ཛຣ (@ryonryon_ch)さんの最新ツイート。3兄妹(6・4・2)のパパやってます! 最近ハマってるのはバウンティラッシュ!mirrativで配信してるのでスナイプしましょー!YouTubeにもちょこちょこ動画あげてます。基本ゲームアプリ関連動画でたまにこどもたちもでてます!フォロー大歓迎!無言フ...More

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント